1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 全国No.1小学生プログラマーを決める「Tech Kids Grand Prix」9月開催

2019年1月25日

全国No.1小学生プログラマーを決める「Tech Kids Grand Prix」9月開催

CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は、全国No.1小学生プログラマーを決めるプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2019」(テックキッズグランプリ)を9月23日に開催することを決定し、24日からエントリーの受付を開始した。

0125-tc同コンテストは、VISION(ビジョン:子どもたちの掲げる夢や実現したい世界観)、PRODUCT(プロダクト:夢を実現するクリエイティブなアイデアとそれを体現した作品)、PRESENTATION(プレゼンテーション:自身のビジョンやプロダクトを社会に発信していく姿勢)の3つの観点から審査を行う。

初開催の2018年は、国内外から1019件のエントリーが集まり、1次・2次審査を経て選出された12人のファイナリストが、決勝プレゼンテーションで作品を発表した。

2019年大会は、より多くの小学生が応募できるように、プログラミング言語の指定および部門分けを廃止した。応募資格は「小学生であること」(生年月日が2007年4月2日~2013年4月1日)だけで、それ以外の要件は一切不問。

募集作品は、コンピュータープログラミングを用いて開発したアプリケーションやゲーム作品。ロボットや電子工作など特殊なハードウェアを必要とする作品は不可。言語の指定はない。表彰は、優勝、準優勝、第3位と協賛企業賞。

なお、9月の決勝プレゼンテーションでは、アジア太平洋地域の数カ国から優れた小学生プログラマーをゲストスピーカーとして招待し、作品のプレゼンテーションをしてもらう。

開催概要

・1月24日(木):エントリー受付開始
・4月上旬:作品応募受付開始
・7月14日(日):エントリーおよび作品応募締め切り
・7月下旬~8月下旬:1~3次審査
・9月23日(月・祝):決勝プレゼンテーション(時間、会場は決定次第HPで発表)

関連URL

Tech Kids Grand Prix 2019

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス