1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生が将来つきたい職業3位は「教師」 =学研調べ=

2019年2月22日

高校生が将来つきたい職業3位は「教師」 =学研調べ=

学研教育総合研究所は、全国の高校1~3年生の各学年・男女100人ずつ(計600組)を対象にアンケート調査を行い、その結果を高校生白書Web版「高校生の日常生活・学習に関する調査」として、21日に公開した。

0222-gkそれによると、高校生の通信機器の利用目的と時間を調べたところ、高校生が最も利用しており(93.8%)、最も時間を費やしている(1時間33分)のは「動画の閲覧」であることが分かった。

また、「動画の投稿」をする高校生は、2017年度調査の中学生と比較して38.6%多い一方で、費やしている時間はかなり減っていることから(2017年度調査の中学生「1時間58分」→2018年度調査の高校生「21分」)、高校生は中学生と比較して、簡単で短い動画を気軽に投稿する割合が高いようだ。

小学生では「パティシエ」や「YouTuber」が人気だが、高校生が将来つきたい職業は、1位「公務員」、2位「プログラマー・プログラムエンジニア」、3位「教師・先生」だった。

小学生は華やかな職業に憧れる傾向が強いのに対し、高校生は将来への現実味が増してくることもあり、資格や専門性が必要なものや、安定性がありそうな職業を望むようだ。

同調査は、2018年9月6日と10日にインターネットで実施。有効回収数は600サンプル(各学年・男女100人)。

関連URL

高校生白書Web版「高校生の日常生活・学習に関する調査」

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス