1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生が将来つきたい職業3位は「教師」 =学研調べ=

2019年2月22日

高校生が将来つきたい職業3位は「教師」 =学研調べ=

学研教育総合研究所は、全国の高校1~3年生の各学年・男女100人ずつ(計600組)を対象にアンケート調査を行い、その結果を高校生白書Web版「高校生の日常生活・学習に関する調査」として、21日に公開した。

0222-gkそれによると、高校生の通信機器の利用目的と時間を調べたところ、高校生が最も利用しており(93.8%)、最も時間を費やしている(1時間33分)のは「動画の閲覧」であることが分かった。

また、「動画の投稿」をする高校生は、2017年度調査の中学生と比較して38.6%多い一方で、費やしている時間はかなり減っていることから(2017年度調査の中学生「1時間58分」→2018年度調査の高校生「21分」)、高校生は中学生と比較して、簡単で短い動画を気軽に投稿する割合が高いようだ。

小学生では「パティシエ」や「YouTuber」が人気だが、高校生が将来つきたい職業は、1位「公務員」、2位「プログラマー・プログラムエンジニア」、3位「教師・先生」だった。

小学生は華やかな職業に憧れる傾向が強いのに対し、高校生は将来への現実味が増してくることもあり、資格や専門性が必要なものや、安定性がありそうな職業を望むようだ。

同調査は、2018年9月6日と10日にインターネットで実施。有効回収数は600サンプル(各学年・男女100人)。

関連URL

高校生白書Web版「高校生の日常生活・学習に関する調査」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス