1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 3D設計データをAR/MRに自動変換する可視化ソリューションを共同開発

2019年2月26日

3D設計データをAR/MRに自動変換する可視化ソリューションを共同開発

SB C&Sとホロラボは25日、3D CAD(Computer Aided Design)やBIM(Building Information Modeling)で作成した設計データを自動でAR(Augmented Reality)/MR(Mixed Reality)に変換し、Microsoft HoloLensをはじめとするAR/MR対応デバイスで確認できる製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」を共同開発したと発表した。

0226-sb
SB C&Sは、契約している全国約1万社の販売店を通じて、「mixpace」のサブスクリプションモデルでの販売を25日に開始。

ユーザーは「mixpace」導入にあたっての技術的なサポートやアドバイスのほか、SBC&Sの豊富な取り扱い商材からXR関連のソフトウェア及びハードウェアの調達、周辺サービスの導入の提案までをワンストップで受けることができる。

「mixpace」は、3D CAD、BIMデータをアップロードすると、自動でAR/MRに変換。 AR/MR開発の専用スキルがない人でも簡単に利用でき、これまで手作業で何日もかかっていたAR/MR変換作業が、最短約10分で自動的に完了するので、作業時間の大幅な短縮が見込める。

クラウドサービスを活用することで、場所や環境を選ばずいつでも利用できる。

また、オートデスク社の「Autodesk Forge」を採用しており、数十種類のファイルフォーマットに対応。オートデスク社の3D CAD、BIMソフトウェアで活用できる各種データ形式のほか、中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応。(一部対象外あり)

変換されたデータは、日本マイクロフトが提供するクラウドプラットホーム「Microsoft Azure」上のセキュアなストレージに保存。高いセキュリティーを保持する。

関連URL

mixpace

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス