1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、デジタル音楽教材「ソプラノリコーダー授業」を新発売

2019年3月1日

ヤマハ、デジタル音楽教材「ソプラノリコーダー授業」を新発売

ヤマハは、同社が展開する「Smart Education System」の新商品として、「ソプラノリコーダー」を使用した音楽授業に最適な、Windowsパソコン・タブレット端末用のデジタル音楽教材「ソプラノリコーダー授業」を発売する。

0301-ymh「ストリーミング配信」版(1万5000円/年:税抜)を3月上旬に、「DVD―ROMパッケージ」版(1万2000円:税抜)を3月下旬にそれぞれ発売すると同時に、書籍型の児童用副教材として「リコーダーランド~自分だけの音を見つけよう~」(350円:税抜)も3月下旬に発売する。

ソプラノリコーダー授業は、ソプラノリコーダーを、子どもたちが苦手意識を持たずに楽しく学ぶことができると同時に、先生がより効果的な指導が行えるように開発された新しいデジタル音楽教材。

「まなぶ」モードでは、リコーダーの仕組みから演奏する時の姿勢、息のつかい方、タンギング、そして手入れ方法までを分かりやすく動画や画像で解説。

「プレイ」モードでは、キャラクターが分かりやすく学習のポイントを解説してくれる「かいせつ」、アングルを切り替えて模範演奏を視聴できる「お手本動画」、そして楽曲進行と連動する「指づかい」や「楽譜」から成る4つの画面を選びながら、好きな画面で学習を進められる。

「テンポ変更」や「A-Bリピート」(区間リピート)にも対応しており、苦手な箇所を学習レベルに合わせて繰り返し練習することもできる。

また、同社が独自開発した楽器演奏評価技術「virtana(ヴィルターナ)」を応用した採点機能も搭載。自分の演奏が可視化されるため、音程や息の強さ、リズムの正確さなどを視覚的に自己評価することができる。採点時の演奏は録音されるため、振り返り学習にも有効。

運指を無理なく学べるように、少ない音数でも演奏し甲斐のあるオリジナル曲23曲を含む30曲を収録。目的や習熟度に合わせて選択できる幅広い楽曲を用意した。

関連URL

ソプラノリコーダー授業

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス