1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レバテック、「ITエンジニア30年史」公開

2019年3月26日

レバテック、「ITエンジニア30年史」公開

レバテックが運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント「レバテック」は25日、平成のIT技術動向を振り返る「ITエンジニア30年史」を公開した。

0326-lb同社は、この30年間で激変したインターネットやIT技術動向をエンジニア目線で振り返る座談会を開催し、その様子をレバテックキャリアのホームページに「ITエンジニア30年史」として公開した。

同社の概要によると、日本のインターネットが国内大学間での連携を目的とした実験的ネットワークの運用から始まったのが1984年。それから徐々に注目され始め、1995年に発売された「Windows95」によって、一般家庭のインターネット利用者が急増。インターネットの人口普及率が1997年から2007年の10年間で約12倍となった。

また、ポケベルからPHS・携帯電話への移行が著しく進み、「ガラケー」も急速に進化。携帯電話を1人1台所有する時代へと変化していく一方、IT業界は「ITバブル期」へ突入する。さらに、2000年代後半のスマートフォン・タブレット端末の登場で、多くの情報をリアルタイムで取得することが可能となり、SNSが活況を見せるとともに、「ビッグデータ」「AI」「IoT」などWebスケールが加速していく。

それに伴い、スマートフォンアプリの開発が盛んになり、Ruby on RailsやSwiftをはじめとしたプログラミング言語の高級化も進み、技術はよりユーザの体験価値にフォーカスする方向へ進化してきているという。

関連URL

ITエンジニア30年史

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス