1. トップ
  2. データ・資料
  3. レバテック、プログラミング言語別 案件ランキング「Java」がシェア第1位

2019年6月25日

レバテック、プログラミング言語別 案件ランキング「Java」がシェア第1位

レバテックが運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント、レバテックフリー
ランスは、フリーランス向けの新規案件データをもとに2018年度のプログラミング言語別ランキング調査を行い、その結果を発表した。

それによると、昨年度と同様に最も割合が多いのは29.2%のJava、次いで14.4%のシェアでPHPだった。

0625-lv
シェア第1位のJavaは、システム開発やWeb開発、アプリケーション開発など幅広く使用されている人気のプログラミング言語。応用力のある言語として人気は根強く、SIerなどが扱う大規模BtoBシステムなどで採用されるケースが多々ある。また、近年ではSIer正社員からWeb系企業への転職やフリーランスとしてキャリアチェンジするITエンジニアも多く、Javaエンジニアの確保が比較的容易なことからBtoCシステムでも採用されることが多々見受けられるという。

今回の調査でシェア第3位にランクインしたJavaScriptは、トレンドの移り変わりが激しいフロントエンドの言語。そのため各企業は人材の確保が追いついておらず、即戦力としてフリーランスのエンジニアを募集している。近年ではクライアント側もサーバー側も JavaScriptで実装する事が可能となり、人気はさらに高まっているため、今後も需要増加が見込まれるという。

前年から2.3ポイントシェアを増加したPythonは、サーバーサイド開発、ブロックチェーン、機械学習、データクレンジング、業務改善ツール作成など幅広く案件が発生している。データ分析系の案件は需要が高く、特にデータサイエンティストは争奪戦となっている。Pythonのフリーランス案件は正社員の募集と違い即戦力を求められることが多く、未経験で応募可能な案件は少ない傾向にある。

今後成長が予想されるVR市場は、大企業からスタートアップ企業までが注力している分野であり、教育、医療、介護など幅広需要が増加すると考えられる。これまでゲームを中心としたアプリ開発で用いられることの多かったUnityのシェアは、ほぼ横ばいの傾向にあったが、VR領域でのUnityに精通したエンジニアの需要は今後高まることが予想される。

日本で絶大なシェアを誇っていたiOSは、2014年にApple社によりコードがシンプルなSwiftが開発されて以降、Objective-CからSwiftへ移行する流れが加速していた。しかしここ数年、Androidの世界的なシェアと、日本国内でのAndroid需要の増加という背景からiOS案件の数は頭打ちの傾向にあり、前年に比べシェアは縮小している。

《調査方法》
調査対象:「レバテックフリーランス」のフリーランス向け新規案件データ
集計期間:2017年度 2017年4月1日~2018年3月31日
2018年度 2018年4月1日〜2019年3月31日
調査方法:対象期間中の新規発生案件データをもとにランキング化

関連URL

leverages

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス