1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、「ヒアリングマラソン」アプリがau「スマートパス」などに登場

2019年4月5日

アルク、「ヒアリングマラソン」アプリがau「スマートパス」などに登場

アルクは4日、au月額制サービス「スマートパス」「スマートパスプレミアム」に「1000時間ヒアリングマラソン アプリ版for au」の提供を開始したと発表した。

0405-alc同商品は、開講から37年、シリーズ延べ120万人が受講したというロングセラー通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」のエッセンスが楽しめるアプリ。昨年2月にソフトバンク「App pass」に提供を開始したのに続き、au月額制サービス「スマートパス」「スマートパスプレミアム」にも登場した。

アプリには「1000時間ヒアリングマラソン」のバックナンバーから、アプリ学習に最適な「これで聞ける!英語の音」「気になる話題でトーク!」「ニュースの斬り方」を毎月更新、さらに書籍『英語で泣ける ちょっといい話』も収録した。

通信講座の教材と同じステップ学習を可能なかぎりスマートフォン上で再現。概要把握、語注による内容把握、穴埋め問題など、課題に取り組みながらヒアリングすることで、段階的に内容を理解していく「ヒアリングマラソン」の学習方法を体感することができる。

また、「ヒアリング・ログ」機能により、ヒアリングした時間はアプリ内に自動で記録される。同機能の「全体の概要」ではアプリ内とその他のヒアリング総時間を表示。目標のヒアリング時間と自分の状況が示されるので学習の目安となる。「カレンダー」では日付ごとにヒアリング時間の詳細を表示する。ラジオやテレビなどで英語を聞いた時間も入力でき、どんどん聞いて理解する学習習慣を身につけるのに役立つという。

auで「スマートパス」「スマートパスプレミアム」を契約している人は、毎月新しい内容を追加料金なしで学習できる。

関連URL

1000時間ヒアリングマラソン アプリ版for au 

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス