1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ビーサイズ、子どもの行動範囲を学習して知らせる新AI機能をリリース

2019年4月11日

ビーサイズ、子どもの行動範囲を学習して知らせる新AI機能をリリース

ビーサイズは10日、AIみまもりロボット「GPS BoT」の新機能として、AIが子どもの行動範囲を自動学習し、普段の行動範囲から離れた時に保護者のスマートフォンにPUSH通知で知らせる機能をリリースした。

d35042-3-388952-0「GPS BoT」は、子どものランドセルに入れるだけで、携帯電話回線に自動接続し、クラウドのAIがつねに子どもの居場所を見守るサービス。GPS BoT端末を持ち歩くだけで、AIが自動で子どものよく行く場所を学習し、目的地への到着や出発を保護者のスマートフォンに知らせる。

今回新たに、行動範囲の自動学習と、行動範囲の逸脱を自動で通知する機能を追加して、保護者が気を張って子どもの居場所をその都度チェックしなくとも、「何かあれば通知がくる安心感」を形にした全自動の見守りを実現した。

AIが子どもの行動パターンを自動学習。学習結果はスマートフォンアプリ上で保護者に提案され、「ふつう」「やや広め」「広め」の3パターンから「行動範囲」を選択することができる。選択した「行動範囲」から子どもが逸脱した場合に、AIが自動で判断して保護者のスマートフォンへ「ふだんの行動範囲から離れたようです」とPUSH通知が届くようになっている。また、子どもの「行動範囲」や移動の履歴(過去1週間分)は、アプリの地図上で可視化される。サービスの利用には、端末代4800円と月額480円が必要となる。

関連URL

Bsize

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス