1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日立システムズ、Windows 10への移行やセキュリティなどのサービスを体系化

2019年4月11日

日立システムズ、Windows 10への移行やセキュリティなどのサービスを体系化

日立システムズは10日、米国Microsoft CorporationによるWindows 7の製品サポート終了に伴い、Windows 10へのPC環境の移行や刷新を行う企業を支援するため、移行計画の策定、初期導入作業、セキュリティ対策などの運用を支援するサービスを体系化したと発表した。

また新たに、Windows 10のセキュリティ機能と、同社のセキュリティオペレーションセンター(SOC)を活用した「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」を、10日から販売開始した。

MicrosoftによるWindows 7の製品サポートは、2020年1月14日に終了する予定で、それに伴い、企業などではクライアントOSのWindows 10への移行が進んでいる。

同社は、今回、顧客の課題や状況に合わせて同サービスを活用し、Windows10へPCを移行する際の計画策定から初期導入作業に加え、移行後に必要となる更新プログラムの配布やそれに伴うネットワークの見直し、セキュリティ対策、ヘルプデスクなどの運用サポートまでを幅広く支援する。

新たに提供する「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」では、PCの異常行動を検知する「Windows Defender ATP」のアラート(警報)を同社のSOCから監視し、万一異常を検知した場合には、不審プロセスの停止やネットワークの隔離などを行う。

また、同社はWindows 7と同時期にサポートが終了するWindows Server 2008の移行も支援していく。

例えば、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」への移行を支援するサービスや、期限までの移行が困難なシステムを保護するための仮想セキュリティパッチを提供するサービスなどをラインアップしており、クライアント環境とサーバー環境の移行をワンストップで支援することもできる。

関連URL

Windows 10への移行や運用を支援するサービス

Windows 10向けセキュリティ運用サービス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス