1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI(人工知能)が全国の報道機関に「音声」で第一報配信

2017年7月21日

AI(人工知能)が全国の報道機関に「音声」で第一報配信

報道系ベンチャーのJX通信社は20日、AI(人工知能)を活用し、SNSから事件・事故・災害などの緊急情報を検知する「FASTALERT」(ファストアラート)の新機能として、「音声」による速報を全国の報道機関に伝える「ビーコ」を正式にリリースしたと発表した。

0721-jxAIによる緊急情報サービス「FASTALERT」は、SNS上に溢れる無数の投稿の中から事件・事故・災害など緊急性の高い情報を自動で収集し、報道機関に提供している。AIが少ない手掛かりから「いつ・どこで・何が起きたのか」を素早く、高い精度で正確に解析できるのが特長。

「FASTALERT」は、すでに日本テレビやテレビ朝日はじめ在京TV局の大半や共同通信、産経デジタルなど多数の大手報道機関が正式に採用。地方のTV局や新聞社などへの利用も拡大しているという。

例えばTV局の場合、「FASTALERT」での第一報覚知を起点に、報道ヘリや中継車の出動、警察・消防当局などへの確認取材をスピーディに行い、いち早く速報を伝えることに活用しているほか、最近では一般ユーザーが投稿したゲリラ雷雨や土砂災害など報道価値の高い写真、動画の覚知にも活用されている。

今回、同社ではこの「FASTALERT」に、音声合成技術を活用した読み上げ機能「ビーコ」を追加し、リリースした。同社で覚知した情報が「FASTALERT」を通じて全国の報道機関に速報される際、この自動音声「ビーコ」を通じて情報の内容が読み上げられる。

関連URL

FASTALERT

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス