1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. PCN東京チームが「プログラム1000本ノック」を開始

2017年7月21日

PCN東京チームが「プログラム1000本ノック」を開始

プログラミングクラブネットワーク (PCN) の東京チームを運営するココロエデュケーションラボは20日、1000名限定で子どもたちにプログラミング講習を無料で行うキャンペーンを開始した。

0721-1000
同キャンペーンは、「すべての子どもたちにプログラミングを!」というPCNのモットーのもと、教材となる学習用プログラミング専用コンピューター「IchigoJam」のキットと、自宅で復習できる教本「IchigoJamでプログラミング」の購入を条件に、都内近郊で3時間の電子工作とプログラミングの講習を子どもたちに無料で行うというもの。

IchigoJamとは、手のひらに載せられる大きさのプログラミング専用子どもパソコンで、テレビとキーボードにつなげば、インターネットへの接続や難しい設定はなく、すぐにプログラミングを始められる。初心者向けプログラミング言語BASICを使っているので、事前に高度なプログラミングの知識や技術を学ぶ必要はなく、気軽にプログラミングを体験できるという。また、抵抗などの部品を基盤にハンダ付けして組み立て、電子工作を体験することも可能。

カリキュラムは昨年から行っている「IchigoJamはじめてのプログラミング体験」と同じものを使用し、ハンダごてとハンダを使って自分だけのコンピューターを作り、それを使ってLEDを光らせたりゲームを作ったり、カスタマイズしたりするという基礎コース。

対象は小学生から中学生。各教室は10~20名で、都内近郊 (東京、千葉、埼玉) に限るなどの諸条件を満たす必要はあるが、子ども向けプログラミングの講師を求める声も多く、PCN東京では、小学校・中学校など学校関係者やPTA、町内会や子供会からのニーズを期待している。

教材費として、IchigoJamTハーフキット1890円、教本「IchigoJamでプログラミング」1500円 (いずれも税込) がかかる。

関連URL

PCN東京

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス