1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. PCN東京チームが「プログラム1000本ノック」を開始

2017年7月21日

PCN東京チームが「プログラム1000本ノック」を開始

プログラミングクラブネットワーク (PCN) の東京チームを運営するココロエデュケーションラボは20日、1000名限定で子どもたちにプログラミング講習を無料で行うキャンペーンを開始した。

0721-1000
同キャンペーンは、「すべての子どもたちにプログラミングを!」というPCNのモットーのもと、教材となる学習用プログラミング専用コンピューター「IchigoJam」のキットと、自宅で復習できる教本「IchigoJamでプログラミング」の購入を条件に、都内近郊で3時間の電子工作とプログラミングの講習を子どもたちに無料で行うというもの。

IchigoJamとは、手のひらに載せられる大きさのプログラミング専用子どもパソコンで、テレビとキーボードにつなげば、インターネットへの接続や難しい設定はなく、すぐにプログラミングを始められる。初心者向けプログラミング言語BASICを使っているので、事前に高度なプログラミングの知識や技術を学ぶ必要はなく、気軽にプログラミングを体験できるという。また、抵抗などの部品を基盤にハンダ付けして組み立て、電子工作を体験することも可能。

カリキュラムは昨年から行っている「IchigoJamはじめてのプログラミング体験」と同じものを使用し、ハンダごてとハンダを使って自分だけのコンピューターを作り、それを使ってLEDを光らせたりゲームを作ったり、カスタマイズしたりするという基礎コース。

対象は小学生から中学生。各教室は10~20名で、都内近郊 (東京、千葉、埼玉) に限るなどの諸条件を満たす必要はあるが、子ども向けプログラミングの講師を求める声も多く、PCN東京では、小学校・中学校など学校関係者やPTA、町内会や子供会からのニーズを期待している。

教材費として、IchigoJamTハーフキット1890円、教本「IchigoJamでプログラミング」1500円 (いずれも税込) がかかる。

関連URL

PCN東京

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス