1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ソニーの体験型科学館、「KOOV」で列車のプログラミングに挑戦 5月開催

2019年4月17日

ソニーの体験型科学館、「KOOV」で列車のプログラミングに挑戦 5月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」のワークショップを、5月11日、12日の2日間開催する。

0417-koovKOOVは、ブロックで自由に「かたち」を作り、プログラミングによってさまざまな「動き」を与えて遊ぶロボット・プログラミング学習キット。ブロックを組み合わせて遊ぶ中で、表現力を高め(Play)、プログラムで動かすことで探求心を培い(Code)、子どもたちの創造力を育成する(Create)など、デジタルを活用したものづくりを遊びながら学び、玩具としても教材としても楽しむことができる。

今回のワークショップでは、プログラミング未経験者を対象に、事前に組み立てられた「列車」を紙の線路に合わせ、「まっすぐ走った後、曲がる」「○○駅で止める」など、モーターを制御する初歩的なプログラミングに挑戦してもらう。プログラミングの体験やスキルの習得だけでなく、「列車の制御」というテーマに沿って設定された課題を解決へ向けて試行錯誤する楽しさを味わってもらう。

開催概要

開催日時 : 5月11日(土)、12日(日)の12:00~13:30、15:00~16:30 各回90分
開催場所 : ソニー・エクスプローラサイエンス内「スタジオSES」〔東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F〕http://www.sonyexplorascience.jp/information/#access
参加条件 : プログラミング未経験の小学3年生~6年生の児童と保護者
参加人数 : 各回10組20名、計80名 先着順
参加費 : 無料 *別途、入館料が必要となる
申込期間 : 4月27日(土)12:00から各回開始10分前まで *定員に達し次第、受付終了

詳細・申込

関連URL

KOOV

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス