1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. HDN、ウィルス拡散を防止するセキュリティ無線アクセスポイントなど新発売

2019年4月23日

HDN、ウィルス拡散を防止するセキュリティ無線アクセスポイントなど新発売

韓国ハンドリームネット(Handreamnet Co.,Ltd.)の日本法人「ハンドリームネット」(HDN)は22日、ウィルスの拡散を防止するセキュリティ無線アクセスポイント「SubGate AP」と、エンドポイントネットワーク冗⻑化アプライアンス「AFOS(エーフォス)」の2つの新 製品を発表した。

同社は、L2スイッチとして簡単に導入でき、ウィルスを自動検知・分析・遮断して、LAN内への拡散や感染したクライアント経由の情報漏えいを防ぐことができるセキュリティアプライアンス「SubGate(サブゲート)」を提供。今回の新製品「SubGate AP」は、この「SubGate」の技術を無線APに展開したもの。

「SubGate AP」は、「SubGate」で実績のある有害トラフィック分析専用の「MDSエンジン」(特許技術)を搭載しており、ウィルス拡散の前兆動作を検知・遮断することができる。

有害パケットだけを選別検知して遮断するので、正常パケットに対する業務を維持しながらウィルス拡散について対策ができる。

また、従来のAPのセキュリティ機能に加え、MDSエンジンで自身への攻撃も遮断することができる。初期感染した端末が乗っ取られボット化し被害者から加害者になることも防ぐことができる。5月末に販売開始で、販売価格(税別)は19万2000円、5年センドバック保守付きは24万4000円。

一方の「AFOS」は、生産設備コンピュータなどとHUBの間に導入することでエッジネットワークを冗⻑化し、スイッチ・HUBや上位ネットワークの障害時に、経路を自動的に高速切り替えし(約0.1秒)、設備やアプリケーションは切断を認識せず、停止や再起動を回避することができる。販売開始は6月で、オープン価格。

関連URL

SubGate AP

AFOS

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス