1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ナビタイム、学生向け研究・開発コンテスト『NAVITIMEAPIチャレンジ』を開催

2019年4月24日

ナビタイム、学生向け研究・開発コンテスト『NAVITIMEAPIチャレンジ』を開催

ナビタイムジャパンは23日、ルート検索や地図表示などの機能をAPIとして提供するサービス「NAVITIMEAPI」を活用した、学生向けの研究・開発コンテスト『NAVITIMEAPIチャレンジ』を開催すると発表した。最優秀賞の賞金は100万円。

0424-nt本コンテストは参加者に無料で「NAVITIMEAPI」を提供することで、コンテストを通じて多くの学生に交通に関する研究・開発に取り組んでもらい、業界全体の取り組みの活性化を目指すという。

ナビタイムジャパンは、2000年の創業以来、電車の乗換やバス、徒歩、自動車、自転車など様々な移動手段に対応したナビゲーションを、スマートフォン向けアプリやWebサービスとして提供してきた。一方で、それらのサービスを通じて培ったルート検索や地図表示、スポット検索などの技術を、「NAVITIMEAPI(Application Programming Interface)」として提供し、様々な企業に活用されている。

近年、モビリティ革命やMaaS分野に注目が集まり、交通の在り方が大きく変わろうとしている。これからの交通がどうあるべきなのか、産業界や官公庁だけでなく学校(教育・研究機関)も含めてあらゆる方面からの取り組みが期待されているという。

開催概要

応募内容:「NAVITIMEAPI」を使用して開発されたサービスや研究を広く募集。
内容、テーマは問わない。
「NAVITIMEAPI」についての詳細は、専用ページで確認。
応募期間:2019年5月8日(水)~6月30日(日)
応募資格:2019年4月現在、高校、大学、大学院、専門学校に在籍している学生
※個人、グループは問いません。

詳細・申込

関連URL

NAVITIMEAPI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス