1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レデックス、アプリ「コグトレデジタル・さがし算初級」を発売

2019年5月9日

レデックス、アプリ「コグトレデジタル・さがし算初級」を発売

レデックスは、子ども支援包括的プログラム「コグトレ」シリーズのデジタル化に取り組み、その第1弾として、アプリ「さがし算初級」を、8日からApp Storeで販売開始した。

0509-cgコグトレは、認知○○トレーニング(Cognitive ○○ Training)の略称で、「社会面」(認知ソーシャルトレーニング)、「学習面」(認知機能強化トレーニング)、「身体面」(認知作業トレーニング)の3つから成る、子どもたちへの一連の包括トレーニング。

アプリ「コグトレデジタル・さがし算初級」は、コグトレの「学習面」支援シリーズの中で、計算嫌いな子でもこれには飛びついたと定評のある「さがし算」をアプリ化したもの。

従来の計算課題とは異なり、暗算が得意になる、計算スピードが速くなる、といった力だけでなく、「思考スピードが速くなる」「短期記憶が向上する」「計画力が向上する」など、学習の土台となる認知力を、楽しみながら同時に高めることができる。

問題は、毎回乱数を使って動的に生成されるので、ボリューム満点。

2×2または3×3の数字が画面に表示され、指定された数になる2つの数字の組み合わせをすばやく見つける。レベルが0から4の5段階に分かれ、だんだんと難しい問題が出題されていく。

成績(点数とタイム)に加えて、取り組みの頻度(ガンバリングメーター)や自分で設定した時間に、より近い時間で答えられるかどうか(シューティング・スター)など、いろいろな評価ポイントが設定されており、認知機能を自然に高めていくことができる。

対応機種は、iOS 12.1以上が搭載されたiPhone、iPad、iPod。対象は5歳~で、価格は600円(税込)。

関連URL

アプリ「コグトレデジタル・さがし算初級」

レデックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス