1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ビジネス書大賞2019、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』が大賞に決定

2019年5月23日

ビジネス書大賞2019、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』が大賞に決定

ビジネス書大賞2019実行委員会は22日、「ビジネス書大賞2019」において、授賞作品が決定したと発表した。

0523-bbt大賞は、新井紀子[著]の『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)。経営者賞には、フレデリック・ラルー[著]、鈴木立哉[訳] 嘉村賢州[解説]の『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』(英治出版)が、読者賞には、スコット・ギャロウェイ[著] 渡会圭子[訳]の『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)がそれぞれ選出された。

最終選考会での選考委員による評

Amazonの解説

「この本こそ、 今日本で最も読まれるべき著書だと思います。 AI、 シンギュラリティに対する誤解を解くだけでなく、 むしろ著者が訴えたいのはAIを通して何が起こるのか、 もっと本質的なことです。 いくつかの仕事がなくなるというレベルではない企業の“儲け方”の根本的な変化、 淘汰され得ない人材とは―—そしてその背景に日本の教育と、 それによって生み出された人材の危機を訴える新井先生のすごみに圧倒されました。」

「いわゆる「シンギュラリティ」は来ないと断言するが、 勤労者の半数が失業の危機にさらされるだけでなく、 企業も淘汰される危険がある時代がすぐそこに迫っていることを、 数学者としての専門的な知見と経験を生かして、 具体的にわかりやすく説いている。 重要なことは人間らしく、 生き物らしく柔軟になること、 そして読解力を磨くこと。 一読して暗い気持ちになり、 今のところの読解力向上の因子が見つからないことに嘆息しつつも、 戸田市のRSTへの具体的な取り組みに明るい気持ちになり、 最終章の最悪のシナリオで暗い気持ちに戻りつつ、 最後に一筋の光明を感じさせる。」

関連URL

ビジネス書大賞2019

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス