1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 多治見西高等学校附属中、ICT公開授業を6月21日に初開催

2019年5月23日

多治見西高等学校附属中、ICT公開授業を6月21日に初開催

多治見西高等学校附属中学校は、ICT公開授業を6月21日に初開催する。

同校では2016年4月から中学1年生に1人1台のセルラーiPadを導入し、今年度で4年目を迎えるという。

当日は、同校で主に使用しているアプリ「ロイロノート・スクール」に実装された「シンキングツール」を活用したICT公開授業を行う。「ICTを導入するメリットって?」「シンキングツールってどんなことができるの?」といった疑問に対する解決の糸口が見つかるかもしれない。

同校は、すでにICTを導入している学校はもちろん、これから導入を検討する学校や、タブレットなどを使用した授業に興味を持つ人、導入し始めたばかりの人や現状を変える方向性を得たい人などに来場してほしいとしている。

開催概要

開催日時:6月21日(金)13:40~17:00(受付13:00~)
*ロイロノート・スクール初心者講習会 12:30~13:20
開催会場:多治見西高等学校附属中学校 [岐阜県多治見市明和町1-18]
参加費:無料
定 員:60名
申込締切:6月20日(木)12:00まで

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス