1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ソニーの体験型科学館、「第29回分解ワークショップ」を7月開催

2019年6月19日

ソニーの体験型科学館、「第29回分解ワークショップ」を7月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、小学3年生~中学3年生を対象にした「第29回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~」を、7月13日に、ソニーのデザイン部門の新しい拠点「クリエイティブセンター田町」で無料開催する。

0619-snyこのワークショップでは、「分解博士」として参加するソニーの現役エンジニアの指導のもと、作動可能なデータプロジェクターを参加者自身が分解する。分解のための製品は、主催者側が用意。

データプロジェクターの仕組みや、工具の正しい使い方のレクチャーなどをまじえながら、親子で楽しく「モノのしくみ」が学べるワークショップ。分解作業終了後には、「分解博士ジュニア認定証」を授与する。

科学教育活動「ソニー・サイエンスプログラム」では、子どもたちの科学への興味や関心を育てる取り組みを続けており、これまでソニー・エクスプローラサイエンスを中心に開催してきた「分解ワークショップ」もその一つ。

開催概要

開催日時:7月13日(土)13:00~16:00、(受付開始12:30)
開催会場:クリエイティブセンター田町[東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町13階]
対象:小学3年生~中学3年生の生徒と保護者 2人1組
定員:24組48人
参加費用:無料
応募締切り:7月3日(水)、応募者多数の場合は抽選し、7月5日(金)までに当・落選通知をメール送信

詳細・申込み

関連URL

ソニー・エクスプローラサイエンス

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス