1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニーの体験型科学館、「MESH」を使った工作教室を平日限定で開催

2018年1月31日

ソニーの体験型科学館、「MESH」を使った工作教室を平日限定で開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、アプリとつなげるプログラミングブロック、「MESH」(メッシュ)を使った工作教室を2月7日から平日限定で開催する。

0130-sonyMESH はソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、誰でもかんたんにデジタルなものづくりができるツール。無線でつながる小さなプログラミングブロック(MESH タグ)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、「あったらいいな」と思う IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みをつくることができる。

『MESH わくわく工作教室』では、3 種類のメニューの中からひとつ選んだ工作と、MESH タグ(動きセンサー/ボタン/ライトの 3 つ)を MESH アプリ上で連携させることで、工作にオリジナルの工夫を加えることができる。

工作のメニューは、各回、下記3 種類からひとつを選んで工作する。
・2月7日(水)~2月16日(金) : お面、魔法の杖、ペンダント
・2月19日(月)~3月2日(金) : リストバンド、びっくり箱、ペンダント

開催概要

開催日時: 2018年2月7日(水)~3月2日(金)の平日毎日 14:00~15:00
開催会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオ SES」
参加対象:小学 3 年生以上(保護者同伴の場合は年齢を問わず参加可能)
参加定員:各回10組(先着順)
参加方法:参加受付は、当日 11:00~13:45にソニー・エクスプローラサイエンス内「インフォメーションカウンター」で行う。
参加費用:無料
※別途、入館料 大人(16歳~)500 円・小人(3~15歳)300 円が必要。

関連URL

ソニー・エクスプローラサイエンス

MESH

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス