1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 来館者200万人達成記念「分解ワークショップ」12月開催

2016年11月10日

来館者200万人達成記念「分解ワークショップ」12月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、2002年7月のオープン以来、10月に来館者数累計200万人を達成。感謝の意を込めて、人気のワークショップ『第27回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~』を12月11日に開催する。

1109-sony

このワークショップでは、「分解博士」として参加するソニーの現役エンジニアの指導のもと、身近なソニー製品(愛用のソニー製品を持参することも可能)を参加者自身で分解する。「モノのしくみ」や工具の使い方を学びながら、楽しく分解作業を体験できるワークショップ。さらに、来館者数200万人達成記念の今回は、参加者全員に「ドライバーセット」をプレゼントする。

また、12月中に来館の中学生以下の子どもに、イルミネーションが輝くソニー・エクスプローラサイエンス特製の「キラキラめがね」をプレゼントする(予定数量がなくなり次第終了)。分光シートを取り付けた「キラキラめがね」を通して光を見ることで、白い光が虹色に見える不思議で楽しいめがねだという。

『第27回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~』実施概要

開催日時:2016年12月11日(日) 13時30分~16時30分予定(13時受付開始)
開催会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「サイエンスシアター」
参加対象:小学3年生~中学3年生の生徒と保護者(2人1組で応募)
定  員:24組(48名)
目  的:身近な製品を分解し、子どもたちの科学への好奇心を喚起すると同時に、 機器のしくみや工具の正しい使い方を学ぶワークショップ。
参加費用:無料※別途、入館料 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円が必要。
応募締切:2016年11月24日(木)

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス