1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 来館者200万人達成記念「分解ワークショップ」12月開催

2016年11月10日

来館者200万人達成記念「分解ワークショップ」12月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、2002年7月のオープン以来、10月に来館者数累計200万人を達成。感謝の意を込めて、人気のワークショップ『第27回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~』を12月11日に開催する。

1109-sony

このワークショップでは、「分解博士」として参加するソニーの現役エンジニアの指導のもと、身近なソニー製品(愛用のソニー製品を持参することも可能)を参加者自身で分解する。「モノのしくみ」や工具の使い方を学びながら、楽しく分解作業を体験できるワークショップ。さらに、来館者数200万人達成記念の今回は、参加者全員に「ドライバーセット」をプレゼントする。

また、12月中に来館の中学生以下の子どもに、イルミネーションが輝くソニー・エクスプローラサイエンス特製の「キラキラめがね」をプレゼントする(予定数量がなくなり次第終了)。分光シートを取り付けた「キラキラめがね」を通して光を見ることで、白い光が虹色に見える不思議で楽しいめがねだという。

『第27回分解ワークショップ~モノのしくみをしろう~』実施概要

開催日時:2016年12月11日(日) 13時30分~16時30分予定(13時受付開始)
開催会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「サイエンスシアター」
参加対象:小学3年生~中学3年生の生徒と保護者(2人1組で応募)
定  員:24組(48名)
目  的:身近な製品を分解し、子どもたちの科学への好奇心を喚起すると同時に、 機器のしくみや工具の正しい使い方を学ぶワークショップ。
参加費用:無料※別途、入館料 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円が必要。
応募締切:2016年11月24日(木)

詳細・申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス