1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. SAS、小学生対象「なつやすみ 親子でデータサイエンス」8月24・25日開催

2019年7月5日

SAS、小学生対象「なつやすみ 親子でデータサイエンス」8月24・25日開催

SAS Institute Japan(SAS)は、小学生を対象に、統計の基礎やグラフを使ってデータサイエンスの楽しさを体験できるイベント「なつやすみ 親子でデータサイエンス」を、8月24日と25日の両日に都内で開催する。

このワークショップは、同社が実施している、未来のデータ・サイエンティスト育成支援と様々な社会課題をデータとアナリティクスの力で解決していく取り組み「Data for Good」の一環。

子どもたちが統計をより身近に楽しく学ぶ場を提供することで、アナリティクスの重要性を啓発し、興味を喚起することを目指している。2016年に第1回を開催し、今年で4回目。

イベントは、「分析テーマに基づいて、仮説を立てデータを集める」事前準備と、「データサイエンス」を体感する当日のワークショップの2部構成。

まず、参加者は「ワークガイド」にそって、「分析テーマの設定」「仮説を立てる」「仮説に基づいたデータの収集」の事前準備をする。

例えば、自宅前の時間あたりの交通量、天候と植物の成長、気温と電気の使用量などの身近な事象や、興味があることを分析テーマに設定。

テーマに沿って仮説を立て、その仮説に基づいて観察してデータを集めたり、一般に公開されているデータを探したりしてデータ収集を行う。

そして、イベント当日は、準備したデータを分類・集計しグラフなどを使ってデータを視覚化する作業を行う。

続いて、事前に設定した仮説をデータに基づいて検証することで、何かしらの新しい発見をし、その知見を人のために役立てることを考える。これらの工程を通じて、データサイエンスを親子で体感していく。

作業の成果として作成するポスターは、夏休みの自由研究の宿題としても利用できる。当日、会場では、同社の社員が統計やグラフの基礎を説明し、一連の作業をサポートする。

開催概要

開催日時:8月24日(土)・25日(日)、両日とも13:00~17:30(受付開始12:30)
開催会場:SAS Institute Japan本社[東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階]
参加費:無料
参加条件:小学2年~6年の児童とその両親(1組4人まで、うち児童は2人まで)、データ測定や収集の事前準備が可能な人(データ事前準備の詳細は、後日案内)
定員:各回30組(1組1家族4人まで)、応募人数が定員超過した場合は抽選
応募締切:7月19日(金)17時(両開催日分ともに)
抽選結果:応募者全員にEメールで連絡

詳細・申込

関連URL

SAS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス