1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. Apple、夏休みに全国8カ所のApple Storeで開催する「サマーキャンプ」の受付開始

2019年7月10日

Apple、夏休みに全国8カ所のApple Storeで開催する「サマーキャンプ」の受付開始

Appleは、夏休みの7月から8月にかけて全国8カ所のApple Storeで子ども向けワークショップ「サマーキャンプ」を開催。10日から申込受付を開始した。

0710-apl
Appleのサマーキャンプでは、コーディングからアート&デザインまで、8〜12歳の子どもたちが参加できる。4つの分野にわたる楽しく実践的なプロジェクトを通して創造力を発揮できる内容を用意している。

4つのプログラムから1つを選び、近くのApple Storeで1日90分、3日間にわ
たって、選んだテーマに取り組む。

サマーキャンプのプログラム

□GarageBandでオリジナルの曲を作ろう
iPadのGarageBandを使ってリズムの基本を学びビートメイキングの練習をしたら、Smart Instrumentsでいろいろと試しながらメロディーを作り上げる。

□iPadでオリジナルのドリームパークをデザインしよう
デザインスキルを学びながら、地域コミュニティの公園を構想する。インスピレーションを得るために短時間のウォークに出かけ、素材や色、質感を写真に収める。そして、Apple Pencilを使ってiPadのProcreateアプリケーションでアイデアをスケッチし、デザインを形にする。今年から加わった新プログラム。

□コーディングの基礎とロボットのプログラミングを学ぼう
この3日間のセッションでは、子どもたちが楽しいアクティビティを通じて、Spheroロボットのコーディングを学ぶ。iPad用のSphero Eduアプリケーションでコマンド、ループ、関数といったコーディングの基礎を学んだら、コードのブロックを使ってプログラムを作成する。

□ClipsとiMovieでオリジナルムービーの監督になろう
3日間のセッションを通じて、子どもたちがiPadを使って楽しいビデオ映像を制作する方法を学ぶ。まずはClipsアプリケーションで様々なカメラショットを試したり、Keynoteのストーリーボードにアイデアをスケッチしながら、ムービー制作の基本に取り組む。最終日にはスキルを活用し、iMovieで魅力的な映画の予告編に仕上げる。

詳細・申込

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス