1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI活用した古文書解読プロジェクト「みんなで翻刻」がリニューアル

2019年7月24日

AI活用した古文書解読プロジェクト「みんなで翻刻」がリニューアル

国立歴史民俗博物館・京都大学古地震研究会・東京大学地震研究所のメンバーを中心に開発を進める古文書史料の市民参加型翻刻プラットフォーム「みんなで翻刻(ほんこく)」が、22日にリニューアル公開した。

0724-mtn「翻刻」とは、くずし字で書かれている古文書を、活字化して現代人が読めるようにする作業のこと。

2017年1月に公開された「みんなで翻刻」では、約5000人の市民が参加。600万文字以上の「くずし字」で書かれた史料が解読された。

リニューアルした新バージョンの「みんなで翻刻」では、さらに多くの災害史料やユネスコ世界記憶遺産「東寺百合文書」の未翻刻部分を、市民参加で解読。

さらに、最新のAIを使った「くずし字」の自動認識機能も搭載。凸版印刷、および人文学オープンデータ共同利用センター(ROIS-CODH)が開発した「くずし字認識システム」が利用でき、「くずし字」に慣れない初心者でもAIの支援で翻刻作業に参加できる。

今回のリニューアルでは、デジタルアーカイブの国際標準規格IIIFに対応。国立国会図書館や国文学研究資料館など、さまざまな機関が公開するデジタル史料を「みんなで翻刻」で扱うことができるようになった。

また、ユネスコ世界記憶遺産にも指定されている「東寺百合文書」や、東京大学附属図書館が所蔵する地震史料のコレクション「石本コレクション」を公開し、市民と協働で翻刻を進めていく。

翻刻されたテキストは、オープンデータとして公開、歴史研究や科学研究に役立てられる。

関連URL

みんなで翻刻

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス