1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ARで進化した学べる砂場「iSandBOX」、東京都内に初導入

2019年7月29日

ARで進化した学べる砂場「iSandBOX」、東京都内に初導入

デジタル・ガーデンは26日、同社が輸入・取扱を行う「iSandBOX」を、ニッケアウデオSADが運営する大型室内公園「ピュアハートキッズランド ポンテポルタ千住」に導入したことを明らかにした。

実機写真

実機写真

iSandBOXは、子どもから大人まで「遊ぶ・学ぶ・癒される」進化した砂遊びを楽しめるAR砂場。天井部にある深度センサーが砂の高低差をリアルタイムに計測して、その数値を元に物理演算したさまざまな映像をプロジェクションマッピングして、インタラクティブコンテンツを提供する。

砂の入ったサンドボックス、CGとサウンドを演算するPC、砂の高低差を計測する深度センサー、砂場に映像を投影するプロジェクターで構成されている。ユーザーは砂を使って、噴火している火山、川、海、谷など、自分の好きな風景を作り天地創造を体験しながら、動物たちの生態系や自然現象を観察したり、地球環境、自然科学に対する興味や探求心、想像力、空間認識力などを育んだりすることができる。

都内初導入事例となった「ピュアハートキッズランド ポンテポルタ千住」では、すべてのハードウェアとソフトウェアをメタルケースに内蔵した天井吊りタイプで、ユーザーが砂場を自由に選択できる「iSandBOX Lite」が採用された。また、木目を活かしたニッケアウデオSADのオリジナルモデルとなっている。今後、関東圏の他店舗にも随時導入が予定されている。

関連URL

iSandBOX公式サイト

iSandBOX各モード紹介

ピュアハートキッズランド公式サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス