1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 分身ロボットOriHime、「横浜音祭り」で障がい者向けのプロジェクト実施

2019年8月2日

分身ロボットOriHime、「横浜音祭り」で障がい者向けのプロジェクト実施

横浜市は、この秋開催する日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」で、分身ロボット「OriHime」を使用して、障がいなど身体的制約があり外出することができない人にもコンサートを観覧してもらう「OriHimeプロジェクト」を実施する。

0802-oli「横浜音祭り」は、横浜の「街」そのものを舞台にして9月15日~11月15日にかけて開催。「クリエイティブ・インクルージョン」をコンセプトの一つとして掲げ、国籍、ジェンダー、世代や障害の有無を越えてあらゆる人に音楽の楽しみを届ける取り組みを行う。

その一環として、障がいなどで外出することができない人にも、会場の座席に設置した「OriHime」を通じてコンサートを観覧してもらうプロジェクトを実施する。「OriHime」を音楽イベントで活用するのは、今回が初だという。

「OriHime」にはカメラ、マイク、スピーカーが搭載されており、スマホやタブレットで遠隔操作ができる。

周囲を見回したり、拍手などの感情表現も行え、「その人がそこにいるように」会話をすることができる。自宅や病院からも、コンサート会場の臨場感を体感することができ、実際にコンサートを鑑賞しているかのような体験ができる。

プロジェクトの実施にあたり、「OriHime」を活用してコンサートを観覧することができる参加者を募集する。

参加対象者は、横浜市内在住者(申込者)、障がい者手帳を持っている、個人宅で観覧の場合、個人宅に観覧者以外に親族またはそれに準じる人がいる、という3項目すべてに該当する人。病院などの施設で観覧する場合、施設所在地は横浜市内限定となる。

「OriHimeプロジェクト」で観覧可能なプログラム

①横浜音祭り2019オープニングコンサート「アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団」
開催日時:9月15日(日)16:00開演
開催会場:横浜みなとみらいホール・大ホール[横浜市西区みなとみらい2-3-6]
募集人数:2人
②わくわくブラス!at 横浜音祭り2019
開催日時:9月22日(日) 16:00開演
開催会場:横浜みなとみらいホール・大ホール
募集人数:2人
③わくわくJAZZ♪
開催日時:10月27日(日) 19:00開演
開催会場:横浜みなとみらいホール・大ホール
募集人数:2人
④ヨコハマ・ポップス・オーケストラ2019 本広克行プロデュース・横浜音祭りスペシャル「劇伴の若き匠・菅野祐悟」
開催日時:11月1日(金)14:30開演
開催会場:横浜みなとみらいホール・大ホール
募集人数:2人
⑤横浜音祭り2019クロージングコンサート「葉加瀬太郎 featuring May J. The Symphonic Night」
開催日時:11月15日(金) 18:30開演
開催会場:横浜みなとみらいホール・大ホール
募集人数:1人

応募期間:8月1日(木)~8月21日(水)
詳細・申込

関連URL

横浜音祭り2019

横浜市

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス