1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 子ども向けプログラミング教材開発講座、無料体験モニター募集開始

2019年8月2日

子ども向けプログラミング教材開発講座、無料体験モニター募集開始

ICT教育ニュースとユーバーは、昨年から継続的に開催している「プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座」のステップアップ講座として「プログラミングを子どもに教えたい大人のための講座②教材開発編」を開講する。開講に先立ち、8月29日と9月5日に、モニター講座を開催することを決定、受講料無料のモニターの申込み受付を開始した。

開催概要

開催日時:
2019年8月29日(木)19時~21時
2019年 9月 5日(木)19時~21時
開催会場:ユーバー本社セミナールームA [東京都千代田区九段南1−5−6 りそな九段ビル5F KSフロア]
参加対象:
2018年から開催中の「子どもにプログラミングを教えたい大人のための講座①基礎編」を修了済み、あるいは同等の知識のある人。
具体的には、以下の通り。
・スクラッチ3.0の基本を理解し利用できること。
・絶対座標、相対座標、角度、繰り返し、変数、条件分岐の基本を座標、繰り返し、変数、条件分岐の概要を理解していること。
内容概要:スクラッチを使って子どもにプログラミングを教えるための準備講座。小学校中学年程度の教科書に掲載のあるプログラミング教材を自身で一から制作する。実際の授業では教材を開発するシーンは少ないが、開発の流れとデバッグを行うことで理解を深める。また実際に子どもが間違いそうなブロックやポイントを知ることで教育の場で即時に誤りを発見し対応する力も磨く。
必要な機器:自身のノートPC(WindowsまたはMac)。貸出(有料)も可。
使用言語:Scratch3.0(スクラッチ)
受講料:モニターについては無料
参加定員:各回4名程度(多数の場合は抽選)
講師:ユーバープログラミングスクール 講師(林田浩典、中村里香、他)

詳細・申込

関連URL

ユーバー

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス