1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アディッシュ、いじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」が「Classi」と連携

2019年8月2日

アディッシュ、いじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」が「Classi」と連携

アディッシュは1日、同社が運営するいじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」が、Classiが開発・運営する教育プラットフォーム「Classi」と連携したと発表した。

00「スクールサイン」は、スマホやタブレット、PCなどのICT端末から、いつでも匿名でいじめの目撃情報などを連絡できるWebサイト。クローズドなメッセージアプリやSNSなど、外から見えないところで起こっているネットいじめなどの連絡を匿名で受け付け、その情報を学校に届ける。2015年10月にリリースした「Kids’ Sign」をリニューアルし、2019年4月から「スクールサイン」として提供を開始している。

これまで「スクールサイン」を生徒が利用する際、生徒自身が最初に学校指定のURLからアクセスをし、ブラウザのお気に入り登録やスマホのホーム画面に追加等をする必要があったが、今回の「Classi」との連携により、生徒側で管理する課題を解消し、より多くの子どもたちがサービスを利用しやすくなるよう環境を整えた。

「Classi連携サービス」として利用ができることで、「Classi」にアクセスできるICT端末から、いつでも匿名でいじめの目撃情報等を連絡できる。使いたい時にアクセス先がわからずに利用できないといった心配がないという。

ネットいじめやネットトラブル発生の機会が増加しつつある中、「Classi」ユーザーにとっては、いじめの早期発見・対策ツールを標準装備したICTプラットフォームとして利用ができることで、学校関係者や保護者も安心してICT導入、ICT端末の常備ができるとしている。

関連URL

アディッシュ

Classi

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス