1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 鎌倉市教委、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJiClassRoom」を導入

2019年8月23日

鎌倉市教委、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJiClassRoom」を導入

MetaMoJiは22日、同社のリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJiClassRoom」が、鎌倉市教育委員会に採用されたと発表した。

同市教委は、2016年度からLTEモデルのiPadを導入。市内の全小学校16校に対して21台ずつ配備し、翌年には授業支援ツールとして「MetaMoJiClassRoom」を導入した。

手書きや日本語の大切さなど、これまで同市が培ってきた教育の良さを残しつつ、授業ではデジタルのメリットも活かされている。

同市のICT活用を広げるツールとして、パイロット校を中心に実践・研究の取り組みが行われている。

「MetaMoJiClassRoom」は、子どもの成長や授業内容に合わせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できる授業支援アプリ。小学低学年~中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

関連URL

鎌倉市教委の導入事例

MetaMoJiClassRoom

MetaMoJi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス