1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 学校支援協議会、無料公開シンポジウム「探究する授業とは」9月15日開催

2019年8月29日

学校支援協議会、無料公開シンポジウム「探究する授業とは」9月15日開催

学校支援協議会と算数オリンピック委員会は、無料公開シンポジウム「探究する授業とは」を、9月15日に聖光学院ラムネホールで開催する。

本シンポジウムでは、大学入試改革、学習指導要領の改訂で内容知から活用知(探究)へと授業の方法もかわっていく。高校では「理数探究」と教科横断型の新科目も導入されるなど、大きな変化を迎える。探究する授業で著名な先生たちのショートレクチャーを保護者、教育関係者に体験してもらう機会を提供するという。

開催概要

開催日時:2019年9月15日(日) 13時30分~16時30分(開場12時30分)
開催会場:聖光学院ラムネホール
参加対象:探究授業に関心のある教育関係者、中学受験を考えている小学生とその保護者
申込方法:メールで、9月12日までに下記①~④を明記の上、ent@ss-c.org宛に      申し込む。折り返し受講確認メールを送付する。
① 参加者氏名 ②所属 ③役職 ④電話番号(万一メール送信にエラーが出た場合、電話する場合がある)
プログラム:
① 基調講演(20分) 文部科学省初等中等教育局 長尾篤志 主任視学官
② ショートレクチャー(各30分)
堀川高等学校 飯澤功教諭(理科)
広尾学園 木村健太教諭(理科)
聖学院 児浦良裕教諭(数学)
聖光学院 名塩隆史教諭(数学)
③ 総括
東京学芸大学 西村圭一教授
明星大学客員教授・明星学園小学校 細水保宏校長

問い合わせ先

学校支援協議会

ent@ss-c.org

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス