1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 佐賀学園女子バレー部、スポーツアプリ「Atleta」活用してコンディショニング

2019年9月12日

佐賀学園女子バレー部、スポーツアプリ「Atleta」活用してコンディショニング

エムティーアイは11日、同社のスポーツアプリ「Atleta(アトレータ)」をコンディショニングに活用して、選手の小さなケガや体調不良をほぼゼロにした佐賀学園高校(九州)女子バレー部顧問・佐保孝明氏のインタビューを公開した。

Atletaは、選手が日々の体調や生活習慣、練習の内容などを記録・管理し指導者と共有することで、選手の効率的な成長をサポートするサービス。

メッセージ送信機能や選手の出欠状況、試合の予定なども簡単に管理でき、チームの運営活動に必要な連絡業務や事務作業にかかる手間も軽減できる。全国の中学・高校の部活動をはじめ1000以上のチームが導入している。

同バレー部は、部員数34人・顧問と副顧問が各1人ずつ。平成30年度の全九州総合選手権佐賀県大会兼観桜バレーボール大会でベスト8、佐賀県高校総合体育大会で第3位、また2019度の佐賀県高校総合体育大会では第2位の成績をおさめている。

同バレー部が、Atletaを導入したのは2017年9月。Atletaを通じてチェックしている項目は主に体調、睡眠時間、痛みの部位、体の症状。

コンディションの不調を入力している選手には特に注意を払い、辛そうな様子があれば試合に出す時間を減らしたり、練習メニューを少し変えたり、痛みのある部位に負担がかからないようなトレーニングに変更したりと、入力された情報を普段の練習に反映させている。

こうした活用法を継続してきた効果の一つとして、佐保氏は、「ケガや病気で休む選手がほぼいなくなった」という。現在、ケガによる長期離脱はごく一部の選手だけで、小さな捻挫や熱中症、風邪などの体調不良はAtletaを導入してからの1年半でほぼゼロに。

同バレー部にはコンディショニング専属のトレーナーがいないため、体調管理はアプリがメイン。導入前と比較すると、以前は体調不良によって練習を休む選手が一定数いたのが、今では1年生から3年生まで全員が週に6日、休まず練習に参加できているという。

関連URL

佐保孝明氏インタビュー

Atleta

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス