1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 選手サポートアプリ「Atleta」、熊本商高女子バスケ部の導入事例を公開

2019年8月29日

選手サポートアプリ「Atleta」、熊本商高女子バスケ部の導入事例を公開

エムティーアイは28日、スポーツ選手をサポートする同社のアプリ「Atleta(アトレータ)」の導入事例として、熊本の女子バスケ強豪校・熊本商業高校女子バスケットボール部の薮崎史監督のインタビューを公開した。

「Atleta」は、選手が日々の体調や生活習慣、練習の内容などを記録・管理し指導者と共有することで、選手の効率的な成長をサポートするサービスで、中学・高校の部活動をはじめ1000以上のチームに導入されている。

メッセージ送信機能や選手の出欠状況、試合の予定なども簡単に管理でき、チームの運営活動に必要な連絡業務や事務作業にかかる手間を軽減できる。

日々の体調や練習量など選手の状況を可視化することで、指導者とのコミュニケーションを容易にし、ケガの予防や個人ごとに最適な指導や練習メニューの実施を促す。

同バスケ部・薮崎監督によると、同部では、部員のケガが増えてきたことをきっかけに、選手の体調を把握する手段のひとつとして「Atleta」を導入。

食事管理を始め、食事の内容や量に気になる点があれば監督からアプリ上でコメントをするようになったところ、パン食だった選手も必ず米を食べるようになったり、全体の食事量が増えてきたという嬉しい変化が現れたという。

食事を記録・管理するようになって、課題だったケガも減り、選手のエネルギーも持続することで走れるようになるなど、選手たち自らがその効果を実感。「Atleta」での食事の管理は今も継続しているという。

また、女子選手特有の体調の変化として生理があるが、同バスケ部では生理日管理も「Atleta」で行っているという。

関連URL

Atleta

熊本商業高等学校 女子バスケットボール部・薮崎監督インタビュー詳細

熊本商業高等学校 女子バスケットボール部・岩下千優キャプテンのインタビュー

9月開催!教育分野 西日本最大 第3回 関西 教育ITソリューションEXPO 会期 2019.9.25(水)-27(金) 会場 インテックス大阪 詳細はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
toi(TM) プログラミングを楽しく学ぶワークショップ資料公開中!
NICA 全国ICTクラブ協会 あたなもプロになれる! Webニュースライター講座
EDIX関西2019 9月25日~27日開催 出展情報・商談予約 出展者特集

アーカイブ

  • Connected Ink 2019 11.27 wed 参加費無料 詳細および登録はこちら wacom
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス