1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語コーチング「PROGRIT」、受講生向けセミナーイベントの模様を公開

2019年9月12日

英語コーチング「PROGRIT」、受講生向けセミナーイベントの模様を公開

英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」を運営するGRITは11日、PROGRIT受講生らを対象に実施したセミナーイベントの模様を公開した。

このイベントは、オーストラリアで話されている「オーストラリア英語」をテーマにしたもので、「オージーイングリッシュに慣れ親しもう!音声知覚のコツとスラング習得」と銘打って、8月31日に、東京・有楽町の同社ラウンジで2時間にわたり開催された。

当日は、PROGRITを卒業した、または受講中の9人の生徒が参加。セミナーを担当したのは、オーストラリア・パースに在住経験がある、PROGRIT有楽町に在籍するコンサルタントで、現地での経験を活かした、言語だけではない「生のオーストラリア文化」を伝えた。

また、オーストラリア英語のブラッシュアップする学習法やツールを、担当コンサルタントが解説。

発音の実践や聞き取りクイズなどを通して、発音を体得するだけでなく、スラングなどの表現についても、アメリカ英語やイギリス英語と比較しながら学習。

イベントの最後には、セミナー終了後も活用できる、スラング一覧や学習用の動画URLなどの資料を参加者に配布した。

同社では、受講生や卒業生を対象に、10人前後の少人数でセミナーイベントを毎月複数回開催している。

PROGRITは、2016年9月にスタート。今まで6000人以上が利用しており、9月現在、有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎で展開している。

関連URL

PROGRIT

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス