1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

2019年9月13日

高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生を対象に実施した「就職に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

同社は、7月26日に東京、31日に大阪で、それぞれ100社の企業を集めた、高校生向けの合同企業説明会「ジョブドラフトFes」を開催。会場に集まった高校生(参加者846人)にアンケート調査(回答者数634人)を行った。


それによると、まず、就職活動に関しての不安を聞いたところ、第1位が「自分にあった会社が見つかるか」(59.9%)、2位が「面接対策」(58.7%)だった。

また、就職を決めた理由について質問したところ、第1位が「自立して稼げるようになりたい」(45.6%)、第2位「経済的な理由」(28.8%)、第3位「大学・短大・専門学校でやりたいことや行く目的が見つからない」(27.6%)、第4位「高校を卒業してから勉強したくない」(21.1%)。

その他の回答の中には、「バイトをしていて働くのが好きだと思ったから」「就職するか定かではないが選択肢のひとつ」「自分の夢のためにお金が必要」「目標に早く近づきたい」などがあった。

就職先を探し始めた時期を質問したところ、第1位「3年生7月」(31.2%)、第2位「3年生4月」(18.8%)で、以下、「3年生6月」(12.6%)、「3年生5月」(11.3%)の順。

企業探しが短期間に集中していること、3年生4月~6月の回答が42.7%と、求人票開示前から企業探しを行う高校生が多数いることが分かった。

合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に参加して実際に就職活動に前向きになったかを質問したところ、「そう思う」(26.5%)、「どちらかと言えばそう思う」(30.7%)を含めて57.2%が、「前向き・楽しくなった」と回答した。

「ジョブドラフトFes」に参加して見学や応募したい企業が見つかったと回答した人に、その理由を聞いたところ、第1位は「会社の雰囲気が良さそう」(66.6%)、第2位「仕事内容に興味がある」(48.2%)。以下、「担当の方の話が面白かった」(36.9%)、「条件面(給与・休日数・福利厚生など)」(30.6%)の順だった。

また、「職場見学で見たい・知りたいポイント」を質問したところ、第1位は「会社の雰囲気」(81.0%)、第2位「仕事内容」(78.2%)、続けて「条件面(給与・休日数・福利厚生など)」(48.6%)、「先輩の声」(46.4%)だった。

企業の誰から話を聞きたいかの質問では、第1位「年の近い先輩社員」(68.3%)、第2位「採用担当者」(60.9%)、続けて「ベテラン社員」(25.1%)、「社長」(22.4%)だった。

同アンケート調査の回答者は、男性47.9%、女性45%で、課程は全日制44.3%、定時制10.6%、通信制42.6%、その他0.2%。学科別では、普通76%、商業5.2%、工業4.7%、その他10.9%。
卒業年度は、2020年卒が89.6%、2019年卒3.2%、2021年卒4.4%の割合。

関連URL

調査結果の詳細

ジョブドラフト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス