1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生が就職する理由、最多は「自立したい」36%  =ジンジブ調べ=

2020年9月14日

高校生が就職する理由、最多は「自立したい」36%  =ジンジブ調べ=

ジンジブは、今年7月に開催した合同企業説明会「ジョブドラフトFes2020」に参加した高校生1400人余りを対象に実施した「就職活動に関するアンケート調査」の結果をまとめ、11日に発表した。

それによると、就職する理由を質問したところ、「自立したい」が最も多く36%、次いで「経済的理由」23%、「言えない」15%、「進学したくない」14%、「目標がある」11%という結果だった。

就職活動に不安があるか尋ねたところ、「不安あり」が85%、「不安なし」が15%だった。

就職先の希望エリアを質問したところ、「地元就職」が64%、「県外就職」が5%、「特に希望なし」が31%という結果だった。

会場別に見ると、特に札幌・広島が地元就職の回答割合が大きく出ていた。都道府県により求人倍率に差が出ている中、地元就職への希望が多いのには、高校生の地元志向の高まりの他に、求人情報が県内に偏っていることも要因と推察できる。

就職先を決めるポイントを質問したところ、最も多かったのが「仕事内容」30%、次いで「給料」が23%、「休日」が16%、「働いている人」が15%、「家が近い」が11%。

職場見学で企業を見るポイントを尋ねたところ、最も多かったのが「雰囲気」で41%、次いで「仕事内容」34%、「働いている人」20%という順だった。

就職活動で使いたいツールを質問したところ、「高卒専用求人サイト」が最も多く36%、次いで「面接練習の機会」17%、「個別面談」10%、「企業紹介動画」10%、「就活イベント」9%、「SNS相談」8%。

学校で得られる求人情報の他にも情報の取得や、練習や相談の機会を求める生徒が多いことが推測できる。

また、「ジョブドラフトFes」に参加して、職場見学or応募したい企業が見つかったか質問をしたところ、「見つかった」と答えた生徒が64%、「見つからなかった」が7%、「どちらでもない」が29%だった。

この調査は、高校生のための合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に参加した高校生を対象に、7月4日~31日にかけて、札幌・仙台・東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋・大阪・京都・兵庫・広島・福岡・沖縄で、アンケートの形で実施。有効回答は1413人。

関連URL

調査結果の詳細

「ジョブドラフト」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス