1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社、鉄道トラブル時に必要な英語応対を学ぶeラーニング教材を発売

2019年9月19日

旺文社、鉄道トラブル時に必要な英語応対を学ぶeラーニング教材を発売

旺文社は18日、遅延・運休など鉄道業界の「異常時」に特化した法人向けeラーニング教材「とにかくひとこと英語応対講座~鉄道・異常時コース~」を発売した。

この教材は、電車の遅延・運休などトラブルが発生した場合に必要な英語応対を、動画と音声認識エンジンを使い、実地研修さながらにトレーニングできる。

各パート約5分、1日約25分のカリキュラムをスマホでいつでも学習でき、多忙な鉄道職員も学習しやすい。

動画クイズと発音採点で、スピーキング対策もでき、外国人への接客がイメージできる。

また、弱点に応じて出題内容が変化するアダプティブラーニングシステムで、個別対応レッスンで確実に身につく。

法人担当者が、受講者の成績や進捗を確認できる便利な管理機能も付いており、受講者の状況をいつでも把握できる。

収録コンテンツは、30のトラブル対応場面と必要フレーズ、鉄道専門単語180語で、学習期間は3週間(サポート期間3カ月)。

価格は、6000円(税別)/人+サポート料、初期設定費用3万円(税別)/社。動作環境は、マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PC・Window)、iOS9.0以上/Android5.1以上/最新のGoogle Chrome。

関連URL

旺文社の語学ラーニングポート「ココマナ」

旺文社

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 11.16土 with Classi 詳細はこちら
参加者募集 タミヤロボットスクール フランチャイズ教室加盟相談会 東京10月7日・21日/大阪10月16日(水)

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス