1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学研、小学生向け「スター・ウォーズで学ぶ」プログラミング学習本を発売

2019年9月24日

学研、小学生向け「スター・ウォーズで学ぶ」プログラミング学習本を発売

学研プラスは、スター・ウォーズでプログラミング学習がゲーム感覚で始められる学習本「小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング」を、19日に発売した。

Amazonの解説

同書は、ドロイドのゲームが作れるプログラミング学習サイト「code.org」を利用して、学んでいく。サイトは、パソコンまたはタブレットとインターネット環境があれば誰でも利用できる。

ゲームの主役は、R2-D2やC-3PO。追いかけてくるストームトルーパーから逃げる、マウスドロイドをすべてつかまえたら勝ちという設定にする…というように、プログラミングで様々なゲームを作ることができる。

スター・ウォーズファンにはおなじみの効果音や場面を設定したり、キャラクターの種類を増やしたりといったこともプログラムを使って行う。

パズルピースのようなブロックを積み重ねてプログラミングする方式で、子どもにも視覚的に分かりやすく、はじめてのプログラミング体験に最適。同書を見ながら、このサイトで遊んでいるうちに、ゲーム感覚でプログラミングの基本的な考え方が身に付いていく。

同書にはルーク、レイア、ハンらの人気キャラクターも登場し、スター・ウォーズのキャラクターが出すミッションをプログラミングで解決していく構成になっている。

まずは簡単な説明を読み、プログラミングに必要な論理的思考力を養うための迷路やぬり絵問題に挑戦する。

次に、同書に載っている手順を見ながらサイト上でプログラミングをしていく。プログラミングが終わったら、自分で作ったゲームをプレイして、正しくプログラミングできているかどうかを確認する。

同書で学んだことを復習するための課題も掲載。サイト上で実際にプログラミングしながら課題に取り組む。

この1冊で、イベント、くりかえし、変数、条件分岐といったプログラミングの基本的な考え方を学ぶことができる。スター・ウォーズ好きの子どもはもちろん、プログラミングをやってみたいけれど何から手をつけるべきか分からないという人も、家庭で気軽に始められるプログラミング学習本だという。B5判・108ページで、定価1400円+税。

関連URL

「スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス