1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 宇宙データ活用したハッカソン「NASA Space Apps Challenge Toyohashi」10月 開催

2019年9月25日

宇宙データ活用したハッカソン「NASA Space Apps Challenge Toyohashi」10月 開催

サイエンス・クリエイトは、宇宙データを使ったハッカソン「NASA Space Apps Challenge Toyohashi 2019」を、10月19・20日に愛知県豊橋市で開催する。


同社は、地域産業の活性化を図るきっかけ作りとして毎年様々なテーマで、ハッカソンを実施。今回は、NASA(米国航空宇宙局)などが公開している宇宙・地球環境・衛星関連のデータを使ったハッカソン「Space Apps Challenge(スペースアップスチャレンジ)」を行う。

「Space Apps Challenge」は、2012年から毎年全世界の様々な都市で行われ、8回目を迎える今年は東京・横浜・札幌・会津(福島)・相模原(神奈川)・串本(和歌山)・宇部(山口)そして豊橋の全国8拠点で開催。

ハッカソンは、「HACK(ハック)」と「MARATHON(マラソン)」を掛け合わせた造語。普段は別々の場所で活躍している人々が、提示されたテーマに対して決められた時間の中で、自分たちのスキルを活用して何らかの成果物を得ることを目的とした、参加型イベント。

今回のハッカソンでは、複数の参加者でチームを組んで、ソフト・ハードを含めた「モノ」「コト」を作り、2日目夕方から各チームでプレゼンを行う。

参加者は、デザイナー・プログラマー・エンジニア・プレゼンタ・オーソリティ(地元に詳しい人)などの役割に分かれ、お互いのバックボーンを共有しながらチームを作ってプロダクト開発を行う。

開催概要

開催日時:10月19日(土)9:00〜21:00、20日(日)9:00〜20:00
開催会場:MUSASHi Innovation Lab CLUE[愛知県豊橋市駅前大通1丁目135番地ココラアベニュー3F]
定員:50人(事前申し込み制)
参加費:無料(期間中のハッカソン試作品制作にかかる材料費を、各チーム2万円まで負担する。精算方法など詳細については10月19日に説明)

詳細
申込み

関連URL

サイエンス・クリエイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス