1. トップ
  2. 教育事例
  3. 戸田市教委、小中学校のデバイス管理に「Zip40充電カート」導入

2019年9月27日

戸田市教委、小中学校のデバイス管理に「Zip40充電カート」導入

シネックスジャパンは26日、エルゴトロンの「Zip40充電カート」が、埼玉・戸田市教育委員会に採用・導入されたと発表した。

「Zip40充電カート」は、15.6インチまでのChromebook、ノートパソコン、タブレットの充電・収納・移動・固定・保護を1台でこなす多機能カート。

戸田市の小中学校では近年、生徒1人につき1台のChromebookを使った授業が増えており、ICT教育を円滑に行うために、Chromebookを一括管理、充電する安全で使いやすい充電カートの導入が急務だった。

同教委は、充電カートの選定にあたって、「40台の充電電力を自動的に適正配分する機能を有し、最大消費電力を1200ワット以内に収める機能を有すること」「管理用PCなどに使えるサービスコンセント(2口)を有し、保管庫はマスタースイッチでON・OFFができること」など厳しい条件を設定。

エルゴトロンの「Zip40充電カート」はそのすべてをクリア。電気安全法に適合(PSE表示)し、ULなどの国際安全規格に準拠、5年間の保守サービスにも対応しており、長期間、安全に利用できることから、今回の採用が決定した。

戸田市の各小学校では、「Zip40充電カート」でICT教育の日常化を実現できたと、現場の教師にも好評だという。2018年度には各小学校、2019年は各中学校が導入した。

なお、エルゴトロンの充電カートは、10月9日に東京・六本木で開催予定の「COLLABORATE」をテーマにしたITソリューション展「SYNNEX Inspire Japan 2019 Tokyo」に展示予定。

関連URL

戸田市教委の導入事例

シネックスジャパン

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス