1. トップ
  2. 教育事例
  3. 戸田市教委、小中学校のデバイス管理に「Zip40充電カート」導入

2019年9月27日

戸田市教委、小中学校のデバイス管理に「Zip40充電カート」導入

シネックスジャパンは26日、エルゴトロンの「Zip40充電カート」が、埼玉・戸田市教育委員会に採用・導入されたと発表した。

「Zip40充電カート」は、15.6インチまでのChromebook、ノートパソコン、タブレットの充電・収納・移動・固定・保護を1台でこなす多機能カート。

戸田市の小中学校では近年、生徒1人につき1台のChromebookを使った授業が増えており、ICT教育を円滑に行うために、Chromebookを一括管理、充電する安全で使いやすい充電カートの導入が急務だった。

同教委は、充電カートの選定にあたって、「40台の充電電力を自動的に適正配分する機能を有し、最大消費電力を1200ワット以内に収める機能を有すること」「管理用PCなどに使えるサービスコンセント(2口)を有し、保管庫はマスタースイッチでON・OFFができること」など厳しい条件を設定。

エルゴトロンの「Zip40充電カート」はそのすべてをクリア。電気安全法に適合(PSE表示)し、ULなどの国際安全規格に準拠、5年間の保守サービスにも対応しており、長期間、安全に利用できることから、今回の採用が決定した。

戸田市の各小学校では、「Zip40充電カート」でICT教育の日常化を実現できたと、現場の教師にも好評だという。2018年度には各小学校、2019年は各中学校が導入した。

なお、エルゴトロンの充電カートは、10月9日に東京・六本木で開催予定の「COLLABORATE」をテーマにしたITソリューション展「SYNNEX Inspire Japan 2019 Tokyo」に展示予定。

関連URL

戸田市教委の導入事例

シネックスジャパン

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス