1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 地方の「Society5.0」実現可能性を探るイベント18日開催

2019年10月8日

地方の「Society5.0」実現可能性を探るイベント18日開催

宮崎県の新富町を拠点に活動するこゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)は、地方の「Society5.0」実現可能性を探る「地方創生ローカルベンチャー会議」を18日に東京で開催する。


イベントでは、農家と農業の担い手人材のマッチングサービスを手がける農業ベンチャー「シェアグリ」の井出飛悠人氏や、UIJターンを考えている人材や受け入れたい地域・企業に向けた情報誌「TURNS」を主宰する堀口正裕氏をゲストに迎え、シェアリングエコノミーやスマート農業についての最新事例を公開する。「Society5.0」時代にあって地方が大きなチャンスを迎えていることを共有し、地域での活躍を期す都市部在住のチャレンジャーの移住や事業創出を促すことを目指している。

またイベントには、地域商社「こゆ財団」代表理事の齋藤潤一氏、新富町地域おこし協力隊としてメディカルフルーツの商品開発にチャレンジする岩本脩成氏も参加する。

こゆ財団では、今月開設予定のスマート農業拠点「新富アグリバレー」を中心に、農業分野の技術革新を担う人材の育成やスマート農業ベンチャーとの共同開発を進めていき、宮崎県新富町を「Society5.0」実践都市としていきたいとしている。また、「新富アグリバレー」開設記念イベントとして、「新富アグリバレーサミット2019」を11月10日に新富アグリバレーで開催し、全国のスマート農業ベンチャーによるプレゼンテーションなどを実施する。参加は無料。

開催概要

開催日時 : 10月18日(金)19:30~21:30
開催場所 : Ag Venture Lab [東京都千代田区]
参加費 : 1000円(試食・ワンドリンク・ゲストとの交流会付き)

関連URL

新富アグリバレー

「新富アグリバレーサミット2019」申込

こゆ財団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス