1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディプラス、動画教材「成績Apシステム/Ap教科書ナビ」と連携開始

2019年10月18日

スタディプラス、動画教材「成績Apシステム/Ap教科書ナビ」と連携開始

スタディプラスは17日、同社の、学習塾で利用されるデジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC(シンク)」が、TripleWin社の動画教材「成績Apシステム/Ap教科書ナビ」と提携を開始した、と発表した。

「成績Apシステム/Ap教科書ナビ」は、高校で利用する教科書に対応した学習塾向けコンテンツサービス。日々の授業や定期テスト対策に特化した教材で、学業成績や課外活動で合否が決まる「推薦入試」にも強く、多くの学習塾で利用されている。

「成績Apシステム/Ap教科書ナビ」を利用する生徒は、推薦入試での大学受験合格を目指す一方で、毎年一定数推薦入試で不合格になり一般入試に切り替える生徒もいる。

推薦入試の合否発表は10~12月で、不合格だった生徒は一般試験が実施される1月〜2月までの1〜4カ月という短期間で一般試験対策に取り組むことになり、他の受験生と比べて短い期間で、時間を有効活用することが重要になってくる。

今回の「Studyplus for School SYNC」との連携で、生徒はスマホを利用して、学習計画を立て、また学習内容の記録・可視化ができるようになる。

教師は、「アナリティクス機能」で生徒の学習状況を自宅学習も含めて把握し、「プランニング機能」で生徒の学習計画を確認・修正ができるようになる。

また、生徒の学習記録には、コメントや「良いね」でリアクションをすることができ、通塾していない日でも、オンラインで生徒に学習進捗のアドバイスや、モチベーション向上のためのコミュニケーションがとれるようになる。

「Studyplus for School SYNC」は、デジタル教材の利用・進捗状況といった学習データを「Studyplus for School」と「Studyplus」に集約することで、教師の管理業務を軽減する。

関連URL

スタディプラス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス