1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログラミング学習「track」×ジード、「C#に特化した研修教材」を共同開発

2019年10月25日

プログラミング学習「track」×ジード、「C#に特化した研修教材」を共同開発

ギブリーは24日、同社のプログラミング学習・試験プラットフォーム「track(トラック)」が、ジード社と、「C#に特化した研修コンテンツ」の共同開発を始めたと発表した。

trackのプラットフォームは、「手を動かして実行する書籍」というような感覚で、技術書籍を書くのと同じような作業を行うだけで、実行環境付きのプログラミング教材を汎用的に作成できるのが強み。

この強みを活かし、これまでにC#入門書籍を執筆し、Microsoft MVPを15年連続獲得しているジード執行役員の出井秀行(いでい・ひでゆき)氏が監修することで、track上で実行環境付きの「C#プログラミング教材」を共同開発することにした。

コース内容(開発予定)は、新人研修で習得が必要とされる、C#を用いた.NETに入門できるまでの基礎力から、実践的な技術までを体系的に学ぶことができるようになっている。

具体的には、「C#入門コース」、「C#応用コース」、「C# Utilコース」、「C# Toolsコース」がある。配信開始時期は、2020年4月からの新人研修に向けて準備を進めているという。

なお、trackDX研修パック、track学習機能を契約している企業は利用することができる。

trackは、エンジニアの採用や育成支援にフォーカスした「プログラミング学習・試験プラットフォーム」。

エンジニアの実務力を正しく評価するための、プログラミングスキルチェックが実現できる試験機能と、習熟度に合わせたプログラミング学習が実現できる学習機能を提供。

関連URL

track

ジード

ギブリー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス