1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KCCS、画像解析AIを組み合わせた「蔵書点検システム」の開発開始

2019年11月7日

KCCS、画像解析AIを組み合わせた「蔵書点検システム」の開発開始

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は6日、公共図書館システム「ELCIELO」とKCCSグループRist社の画像解析AIを組み合わせた「蔵書点検システム」の開発を開始した、と発表した。

「ELCIELO」と画像解析AIを組み合わせた蔵書点検のイメージ

今回、KCCSが開発を進めている蔵書点検システムは、まずスマホやタブレットなどで図書館の書架一面を撮影し、画像データをRist社の画像解析AIに取り込む。

続いて、画像に写る複数冊の書誌の背表紙からタイトル・著者名・分類番号をAIが分析。図書館が保有する書誌登録データベースとマッチング・照合し、蔵書点検を行う。

これにより、手作業で1点ずつ点検することなく、写真撮影することでまとめて蔵書点検ができるようになる。

まずは、タブレットなどで撮影を行うことを想定し2020年2月の提供開始を目指す。書架の撮影については、将来的にはドローンなどを駆使し、無人状態での撮影自動化にも対応する構想。

また、撮影した背表紙画像データと図書館システムの書誌データを活用し、自宅などからでも図書館を体験できるバーチャル図書館の開発も検討するという。

KCCSでは、同システムに加え、図書館運営の負担となる高額なIC関連機器の導入コスト削減を目的に、来館人数のカウント機器として導入されているICゲートに代わるシステムの開発も計画している。

ICゲートの代用システムには、ABEJA社の画像解析技術「ABEJA Insight for Retail」を採用する予定だという。

関連URL

「ELCIELO」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス