1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生の8割以上が新入試制度を「見直すべき」=スタディプラス調べ=

2019年11月7日

高校生の8割以上が新入試制度を「見直すべき」=スタディプラス調べ=

スタディプラスは、2020年度から始まる新しい大学入試制度について、高校生および浪人生ユーザーを対象とした意識調査を実施し、6日その結果を公開した。

調査は学習管理SNS「Studyplus」ユーザーの高校生、浪人生を対象に実施され、4325名から回答を得た。それによると、新入試制度の実施を見直すべきだと思うユーザーは83.6%と大半を占めた。2021年から入試制度が変わることを知っているかを訊ねたところ、高校1年生、2年生ともに「だいたい知っている」が過半数を超えたものの、高校1年生では「あまり知らない」が2位なのに対し、高校2年生では「詳細まで知っている」が2位となった。

入試制度の変更について不安な点は、「情報不足」70.1%、「過去問題がないこと」64%、「英語のテストが変わること」59.4%がTOP3となった。次いで、記述式テストの導入や先生も経験していないこと、合格不合格の予想が立てづらいことが上位となった。

およそ3分の1のユーザーが、入試制度の変更が進学先の選択に影響していると回答。共通テストの記述式や英語の外部試験が未知数であるため、安全を期して志望校のランクを下げるという声が多かった。また、各大学の方針による影響で、志望校を変更せざるを得ないという声も多く届いた。

共通テストに利用する英語の外部試験については、高校1年生では、まだどの外部試験を受けるか決まっていないユーザーが3分の1を占めた。

一方、高校2年生では決まっていないと答えたユーザーは5%にとどまっており、すでに予定されていた来年度の外部英語試験に向けて準備していたことが分かる。また、高校2年生では、全国で受験可能な「英検2020 S-CBT」を受験すると答えたユーザーが60%以上となった。

【調査概要】
調査対象:全国のStudyplusユーザー(高校生〜浪人生)
回答者:4325名
調査方法:インターネット調査
調査時期:2019年10月31日〜11月1日

関連URL

スタディプラス

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス