1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI教材「すらら」、大阪市立天王寺中学の特別支援教室が導入

2019年11月11日

AI教材「すらら」、大阪市立天王寺中学の特別支援教室が導入

すららネットは8日、同社のAI×アダプティブラーニング教材「すらら」を、大阪市立天王寺中学校・特別支援教室の中学3年生らに提供すると発表した。

「すらら」は、小学1年~高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、教師役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブな eラーニング教材。

国内では800の塾、160の学校が導入。発達障がいや不登校、経済的困窮世帯を含む 6万6000人以上の生徒に学習の機会を提供している。学校では主に私立中学・高校で普及しているが、公立中学校の特別支援教室が導入するのは今回の天王寺中が初めて。

現在、「すらら」利用者のうち発達障がいのある児童・生徒の利用者数は約2000人で、近年増加傾向にあるという。

天王寺中の導入は、特別支援教室としては珍しいEdTechによる先進的な試み。無学年式で、一人ひとりが自分に合った学習を進めることができる「すらら」の特長が、学力や学習ペースが異なる生徒と相性がよいのでは、という教師の発案が導入につながった。

また、コミュニケーションが苦手な生徒でも、フレンドリーに語りかけてくるアニメーションのキャラクターは親しみやすい。

集中することが苦手な生徒には、レクチャー中に何度か質問されて回答するという一連の刺激が集中力を補うため、一人ひとり固有の特性を持つ生徒とも相性がいい。

さらに、教師には、生徒の回答など細かく記録される学習管理ツールが用意されており、マンツーマンで指導しなくても苦手箇所を確認し、必要箇所だけ再学習させることができる。

「すらら」のこうした特長により、特別支援教室の生徒も一人ひとりに合わせた学習を楽しみながら進めることができ、モチベーションアップ、学習効果の向上が期待できるという。

関連URL

すらら

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス