1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英会話イーオンと「SAPIX」の日本入試センターが業務提携

2019年11月13日

英会話イーオンと「SAPIX」の日本入試センターが業務提携

英会話教室のイーオンと「SAPIX」ブランドを展開する日本入試センターは12日、互いのノウハウや強みを活かし、新たな英語教育の可能性を拓くために業務提携契約を締結した、と発表した。

今回の業務提携は、受験指導に強みを持つ日本入試センターと、講師育成やオリジナルの教材カリキュラムに強みを持つイーオンが、互いのノウハウを共有することで、子どもたちが英語の習得・学習を通じて世界を広げ、グローバルな人材として成長できる環境を提供するのが目的。

提携内容は、①受験領域での英語指導プログラムの開発、②英語資格試験対策ノウハウの共有、③イーオンからの英会話教師(ネイティブ/日本人)の派遣、④共同イベントの開催、⑤ICTを活用した教育の研究、⑥教材・テストなどの開発ノウハウの共有、⑦これらの項目を推進するための人材交流、の7項目。

イーオンは、1973年の創業以来、日本人の英語上達のためのオリジナル教材を開発。日本人教師と外国人教師を採用することで、それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げている。

2018年からはKDDIグループの一員になり、イーオンが培ってきたノウハウと、KDDIグループが持つ情報通信技術が融合する、高品質なサービスに取り組んでいる。

一方、日本入試センターの中核事業「SAPIX小学部」は、1989年の創立以来、主体的に学ぶ姿勢の育成を教育理念に掲げ、中学受験指導に携わっている。

現在、首都圏・関西圏に47校舎を展開。討論式授業・復習中心の学習法・オリジナル教材・少人数制のコース編成(学力別・志望校別)など、独自のシステムとカリキュラムで、子どもたちの「自分の頭で考え、自分のことばで表現する」力を養成している。

関連URL

イーオン

日本入試センター

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス