1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 代ゼミとBTがタイアップして「SAPIX YOZEMI GROUP英検対策講座」を開講

2017年4月14日

代ゼミとBTがタイアップして「SAPIX YOZEMI GROUP英検対策講座」を開講

代々木ゼミナールと英語4技能対策オンラインスクール「ベストティーチャー」を運営するベストティーチャー(BT)は13日、それぞれのメソッドと強みを組み合わせ、2017年5月1日に英検の英語4技能化に対応した対策講座を開講すると発表した。

現在、文部科学省では2020年度に予定されている大学入試新テストの実施に向けて、高大接続改革の具体的な施策が検討している。このうち英語に関しては、「聞く(Listening)」「読む(Reading)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」の4技能を総合的に評価する方針だ。

一方「英検」については、すでに2016年度から2級で、そして2017年度には準2級・3級で、従来の3技能評価に「書く(Writing)」を加えている。また、「英検」はすでに一部の大学入学試験として実際に採用されており、今後も本検定の需要は高まるものと思われる。

このような状況を受け、代々木ゼミナールは2016年8月2日にSAPIX YOZEMI GROUPに参画したBTと連携し、お互いのリソースを最大限に活かしながら、今年の5月1日に「SAPIX YOZEMI GROUP英検対策講座(2級・準2級・3級)」を開講することにした。

BTは英語4技能育成の分野で日本最大級のオンライン英会話スクールであり、ICTを駆使して、いつでもどこでも24時間体制で「書く(Writing)」と「話す(Speaking)」の両方を同時に学べる点に大きな利点がある。

一方、代々木ゼミナールは大学受験予備校として長年にわたる受験指導上のノウハウを蓄積しているうえに、受験教育界では他に先駆けて「GTEC CBT解説講義」や「TEAP対策実戦演習」を開講している。今回、両者のリソースを組み合わせ、英語4技能の総合的で実践的な育成指導、試験対策を強化することが可能になったという。

関連URL

英検対策講座

代々木ゼミナール

ベストティーチャー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス