1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 保育ICTシステムのコドモン、「保育ドキュメンテーションサービス」提供

2019年11月18日

保育ICTシステムのコドモン、「保育ドキュメンテーションサービス」提供

保育ICTシステム「CoDMON」を提供するコドモンは15日、「保育ドキュメンテーションサービス」を今月下旬に販売開始し、来春から提供すると発表した。

ドキュメンテーションとは、子どもが活動に夢中になっている瞬間を捉えて写真とコメントで記録するもので、子ども主体の保育を実現する上で有効な手法して注目されている。コドモンの「保育ドキュメンテーションサービス」は、保育者の業務負荷を増やすことなくドキュメンテーションが導入できるしくみを提供する。

「写真付きの記録」1つを記入するだけで、「日誌」「掲示物」「連絡帳」「週日案」を一括で作成することができ、これまで保育者がすべて手書きで作成していたものを、一工程に集約することが可能となる。

保育活動の中での子どもの姿や興味を持った瞬間を写真で示し、活動を通じて得た子どもの経験や学びを記録として残すことができるだけでなく、「写真付きの記録」を核として、保育者自身の内省(自己評価)、保育者間の対話、保育者と保護者の対話を生み出す効果も期待される。また、「写真付きの記録」を記入する中で、記録⇒振り返り⇒予想⇒計画のサイクルが回るように設計されているため、保育のカリキュラムマネジメントも実現できる。

同機能はコドモンとベネッセコーポレーションが共同開発し、玉川大学教育学部教授の大豆生田啓友氏、岩田恵子氏が監修する。

さらに同社では、「指導案作成サービス」も5000以上の文例から学年や時期に応じた適切な文案を選べるように改訂を進めており、「保育ドキュメンテーションサービス」とセットで利用することで、全体的な計画、年間指導計画、月案、週日案から日誌までが連動し必要な項目が連携するしくみへのバージョンアップを予定している。

関連URL

保育ドキュメンテーションサービス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス