1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 未来の教育コンテンツEXPO 2019、プログラムを公開

2019年12月2日

未来の教育コンテンツEXPO 2019、プログラムを公開

教育コンテンツの未来を展示・体験・実践できる「未来の教育コンテンツEXPO 2019(ミラコン2019)」が、12月21日・22日の2日間、東京都文京区の村田女子高等学校で開催される。それに先駆け、両日行われるタイムテーブル・基調講演・シンポジウムの内容が公開された。


ミラコンは5つのゾーンに分かれて開催される。<基調講演・シンポジウムゾーン>では未来の教育を牽引する研究者、実践者、イノベーターが登壇する。<教室セミナー・展示ゾーン>では、国内外の先進的なコンテンツやサービス、教育ソリューションが教室で展示され、体験することができる。

<研究・実践事例ゾーン>では、未来の教育に関する実証研究や事業開発、学校改革・カリキュラムマネジメント、EdTechやSDGs、キャリア教育などの事例が紹介される。<体験型ワークショップゾーン>では、演劇や映画、声優体験、パラスポーツ、プログラミング、STEM教材をテーマに扱ったワークショップが実施される。

さらに<情報交換ネットワーキングゾーン>では、クリエイティブな発想を起こすつながりや鍵となるコミュニティへの参加が可能。情報交換やネットワーキング、ビジネスマッチングの場が提供される。

開催概要

開催日時 : 12月21日(土)・22日(日)9:30~17:30(懇親会18:00~20:00)
開催場所 : 村田女子高等学校〔東京都文京区本駒込2-29-1〕
参加条件 : 教育関係者、保護者、生徒、自治体・教育委員会の担当者、企業研修・人材育成担当者、塾・予備校・通信教育関係者など
参加人数 : 3000人を見込んでいる
参加費 : 入場無料、基調講演・シンポジウム有料1日券1500円(当日券2000円)2日券2500円、情報交換会1000円、ワークショップ参加は一部有料
詳細

チケット購入

関連URL

未来の教育コンテンツEXPO 2019 

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス