1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. オライリー・ジャパン「Maker Faire Tokyo 2019」出展者・スポンサー募集開始

2019年4月8日

オライリー・ジャパン「Maker Faire Tokyo 2019」出展者・スポンサー募集開始

オライリー・ジャパンは、テクノロジーDIYイベント「Maker Faire Tokyo 2019」を8月3日と4日の2日間、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催することを発表。出展者、スポンサー企業の募集を今月4日から開始した。

0408-or同社は2008年から、新しいテクノロジーを自由な発想で使いこなすMaker(作り手)たちの発表、交流の場として「Maker Faire Tokyo」を主催しており、昨年8月に行われた前回イベントでは600組(1800名)が出展、2万4000名が来場したという。

イベントでは、多数の企業がプログラミング教育用ツールやMaker向けのツールなどの新製品の発表を行い、国内外の最新技術と作ることの未来に触れられる機会を、子どもから大人まであらゆる人々に提供している。

同社では今年のイベントに向けて、プログラミング教育、IoTなどさまざまな分野での作品展示、販売、体験型企画などを行う出展者およびスポンサーを募集している。約420組の出展を予定しており、ウェブサイトから申込ができる。申込締切は5月8日13:00まで。

なお、今年は関西地域での初の開催となる「Maker Faire Kyoto 2019」も5月4日、5日に予定している(出展者約200組)。

関連URL

Maker Faire Tokyo 2019

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス