1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「Maker Faire Tokyo 2019」、出展者・スポンサー約350組を発表

2019年7月16日

「Maker Faire Tokyo 2019」、出展者・スポンサー約350組を発表

オライリー・ジャパンは12日、8月3日、4日の2 日間、東京・お台場の東京ビッグサイトにて開催する「Maker Faire Tokyo 2019」の出展者・スポンサー約350組を発表した。

0716-mf
「Maker Faire Tokyo(メイカーフェア・トウキョウ)」は、「Make: Tokyo Meeting」として2008年にはじまり、2012年からは「Maker Faire Tokyo」としてリニューアル、家族で楽しめるイベントとして日本のMakerムーブメントを支えてきた。

「Maker Faire Tokyo 2018」では、600組のMakerが出展し、2万4000名が会場を訪れた。今回の「Maker Faire Tokyo 2019」は、東京オリンピックのための東京ビッグサイトの利用制限により会場の広さは前回の約70%となるが、出展申し込みは前回を大きく上回り、その中から選りすぐられた約350組が出展。

ロボットや3Dプリンタ、レーザーカッターなどのパーソナルファブリケーション技術から、電子工作、航空・宇宙関係、自作楽器、クラフトなど多種多様。中高生が主役の「School Maker Faire」プロジェクトもはじまり、STEAM教育を体験できるコンテンツや子どもも楽しめる内容も充実。大学など教育機関、家族での出展も増加している。

注目は、アメリカのMaker Faireでも「The Paper Airplane Guy」として知られるジョン・コリンズ氏のアジア初出展。彼は、紙飛行機の飛距離の世界記録保持者(69.14メートル)であり、『The Gliding Flight』や 『Fantastic Flight』など全世界で人気の紙飛行機本の著者。紙一枚から始まる最もシンプルかつ、クリエイティブなデザインプロセスともいえる紙飛行機の作り方をブースにて直接本人が教えてくれる。当日は出展者による展示や販売のほか、毎年恒例になった人気企画「Nerdy Derby」や「ヘボコン」、また「ハンダづけ入門」や「プログラミング入門」をはじめとしたワークショップなど国内外の最新技術と作ることの楽しさに触れられる機会を提供する。

開催概要

名称: Maker Faire Tokyo 2019(略称:MFT2019)
会期: 2019年8月3日(土)12:00~19:00、8月4日(日)10:00~18:00(予定)
会場: お台場・東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3・4ホール
入場料: <前売> 大人 1000円、18歳以下 500円(税込)
<当日> 大人 1500円、18歳以下 700円(税込)
*小学校未就学者、障がい者手帳所持者は本人及び付き添い一人まで無料

関連URL

出展社一覧

Maker Faire Tokyo 2019

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス